HOMEスタッフブログ旧スタッフブログ > 増改築リフォームを成功させるポイント
スタッフブログ

増改築リフォームを成功させるポイント

みなさまこんにちは(*^_^*)

 

先日のイベントで、やはり消費税増税前ということもあり

増改築などの大規模なリフォームを検討されているお客様が多く感じました。

そこで、私も改めて増改築リフォームについて勉強したので

増改築リフォームを成功させるポイントをお伝えしようと思います!(^^)!

 

増改築リフォームとは、住宅の増築工事と改築工事を合わせたもので

増築工事は床面積を増やすリフォーム、改築工事は一般的に構造部分に工事範囲が及ぶ

大掛かりなリフォームのことをさします。

増改築リフォームは構造が絡む工事ですから、土地・住宅の事前チェックだけでなく

リフォーム業者選びや費用のかけ方にも注意が必要です。

今回は増改築リフォームを進める手順、成功のポイント、コストダウンのコツをお伝えします。

 

◆様々な法令の制限を受けることを知っておきましょう

 増改築リフォームは様々な法令の制限を受けます。

 特に床面積が増える増築工事は、建ぺい率や容積率、高さ制限など法令を守って工事する必要があります。

 その際、10平米以下(約6畳)の増築なら、建築確認申請は不要なのですが

 防火地域と準防火地域の場合は、1平米の増築でも確認申請が必要です。

 

 また、大規模な修繕・模様替えを行う際にも確認申請が必要になります。

 建築確認申請には、図面の作成代金や申請手数料などの費用がかかりますので

 計画段階でリフォーム業者に確認しておきましょう。

 他にも地域ならではの条例もあります。

 まずはお住まいの市町村に確認してみましょう。

 

◆ワンポイントアドバイス

 少しくらい平気だろうと勝手に増築してしまうと、違反建築物になります。

 違反建築の住宅は後で大がかりな増改築リフォームをしようとしても

 建築確認申請を受け付けてもらいない・ローンが通らない・売却しにくいなどの

 不都合が置きますので注意してください。

 

◆耐震性能をしっかり確認してくれるリフォーム業者を選ぶ

 増築工事はもちろんのこと、リビングを広くするために壁を壊す、 

 窓をおおきくするなどの改築工事を行う場合は、耐震性能の確認が必要になります。

 阪神淡路大震災では、増改築で耐震バランスが崩れたために

 倒壊した住宅も多かったと言われています。

 住宅の耐震性能を保持するためには、家全体のバランスが大切です。

 増改築リフォームした部分だけを強固にするとねじれが置き、却って耐震性能が落ちることがあります。 

 なので、増改築リフォームの際には、全体の耐震性能をしっかり確認してくれる

 増改築リフォームに経験の豊富な業者を選びましょう。

 

 

お問い合わせはこちら
アピールポイント
お仕事の流れ
一覧に戻る
テーマ
旧スタッフブログ(167)
社長ブログ(30)
スタッフブログ(75)
最近の記事
2月が始まりました!
えべっさんo(^▽^)o
謹賀新年!!
おせち料理の由来
台風21号!台風前や台風後のメンテナンス
リフォーム豆知識
秋を漂う季節!
新学期
夏期休暇のお知らせ
台風第5号NORU(ノルー)
一覧を見る
  • 和泉市でリフォームをお考えの方はお問い合わせください
  • リフォームの無料お見積もりはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 新築事業部 スマイルワンホーム
  • 和泉市を中心に定期的なイベントを開催中
  • 小林新建が和泉市などで行った施工事例
  • 住まいのお役立ち情報
  • お取扱い商品
  • 小林新建からの最近のチラシ
  • リフォーム工事の流れ
  • 工事費の目安
  • 協力業者紹介
  • よくある質問
  • 小林新建スタッフブログ
  • 大家さん向け
MOBILE SITE 携帯サイト