HOME住まいのお役立ち情報介護リフォーム > 床材の変更で滑る事故の低減を
住まいのお役立ち情報

床材の変更で滑る事故の低減を

足腰が弱ってくると、身体の平衡をとりづらくなり

ちょっと滑るだけで転倒事故になってしまう場合があります。

また、連続する床に使用されている床材の素材違いが「滑る」原因になる場合があります。

床材の変更で「滑る」ことからくる高齢者の事故をなくしましょう。

家の各部位での床材の変更

滑る危険は家の中の至るところにあります。

それぞれの場所にふさわしい安全な床材に変更することをお勧めします。

居室の床材の変更

長尺の床材(フローリング)やコルクタイルなどは、クッション性や静粛性にすぐれています。

またクッションフロアは汚れや衝撃に強く便利です。

また将来車イスでの移動にも耐えられる素材を採用しておきましょう。

浴室の床材の変更

無釉(むゆう)タイル(光沢などをだすためのガラス質のうわぐすりのかかっていないもの)で

表面を粗くしてあるものや、ノンスリップ加工された床材など、

水に濡れても滑りにくい床材に変更しましょう。

廊下の床材の変更

冬場など厚手の靴下などを履くと、すべりやすくなります。

コルクタイル、プラスチック系シートなどの滑りにくい床材を選びましょう。

トイレの床材の変更

スリッパの履き替えなどをしなくても、気持ちに不潔感や

抵抗を生まない材質・色のものを施工しましょう。

 

玄関の床材の変更

靴を脱ぐ、靴を履くときはバランスを崩しがちです。

床面には水に濡れても滑りにくいノンスリップタイルなどの床材を選びましょう。

玄関アプローチの床材変更

靴を脱ぐ、靴を履くときはバランスを崩しがちです。

床面には水に濡れても滑りにくいノンスリップタイルなどの床材を選びましょう。

玄関アプローチの床材変更

雨に濡れることを想定して、階段面のリフォームに当たっては、滑りにくい仕上げ加工されたタイルなどを施工しましょう。

また、スロープをコンクリートの打ちっぱなしにするなら、

表面を粗く仕上げてもらうとよいでしょう。

お問い合わせはこちら
アピールポイント
お仕事の流れ
一覧に戻る
  • 和泉市でリフォームをお考えの方はお問い合わせください
  • リフォームの無料お見積もりはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 新築事業部 スマイルワンホーム
  • 和泉市を中心に定期的なイベントを開催中
  • 小林新建が和泉市などで行った施工事例
  • 住まいのお役立ち情報
  • お取扱い商品
  • 小林新建からの最近のチラシ
  • リフォーム工事の流れ
  • 工事費の目安
  • 協力業者紹介
  • よくある質問
  • 小林新建スタッフブログ
  • 大家さん向け
MOBILE SITE 携帯サイト