HOMEスタッフブログ旧スタッフブログ > リフォームノウハウ 子供部屋
スタッフブログ

リフォームノウハウ 子供部屋

最近「頭の良い子が育つ家」なんおて本も出るくらいですから、家が子供に果たす役割は大きく

特に子供をのびのびと育てるためには子供質の役割は大きいといえます。

必要な機能はおさえながら、孤立した部屋にならないようにするためには

年齢に応じての工夫が必要です。

子供の生活は年齢と共に変化していきますので、

子供の好奇心や関心事に合わせて変化できる可変空間にしておくことも大切です。

 

位置

両親の部屋に隣接させる場合は、小さいころは可動の間仕切りにして、

小学校位から壁で仕切ることにより、緩やかに自立を促すという方法があります。

また、リビングの近くにしたり、リビングを通って入るような位置にすると

閉鎖的になりません。

動線的に行き止まりで家族が前を通らないような場所はコミュニケーションを失い

孤立化の恐れもあるので、注意が必要です。

勉強場所

一般的に、低学年までは子供も個室に行きたがらず、親のそばで勉強することを望むようです。

この場合は、リビングやダイニングにデスクを設けるとよいでしょう。

高学年以降も、例えばPCスペースと一緒にリビング付近にコーナーをつくったり

本棚や収納を充実させたファミリールームとして独立した部屋にするのも一つの例です。

こうすることで、親子や兄弟間のコミュニケーションが図れます。

広さ

個室というと、久さを確保しようと思いがちですが、リビングでの団らんを大切にしたいという

ご家庭なら、子供部屋は狭くして居心地を悪くするのも方法です。

また子供部屋は、衣類・おもちゃ・本・寝具などの収納場所になります。

成長にしたがって物も増えるので、収納スペースに余裕を持っておきましょう。

衣類も、年齢によってたたむもの中心から吊るすもの中心へと変化するので

対応できるような収納にしましょう。

子供が2人以上の場合は、小さいころは同じ部屋にして、遊びと寝るスペースを分けてもよいでしょう。

高学年以上、特に男女の場合は、間仕切りが必要ですが

将来ワンルームに戻すことを考えて可動収納間仕切りもいいでしょう。

 

お問い合わせはこちら
アピールポイント
お仕事の流れ
一覧に戻る
テーマ
旧スタッフブログ(167)
社長ブログ(30)
スタッフブログ(70)
最近の記事
リフォーム豆知識
秋を漂う季節!
新学期
夏期休暇のお知らせ
台風第5号NORU(ノルー)
和泉市に世界チャンピオン誕生!!
107年ぶりの大雨!
すごいです!
きましたね~梅雨!!
キッチン豆知識!!
一覧を見る
  • 和泉市でリフォームをお考えの方はお問い合わせください
  • リフォームの無料お見積もりはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 新築事業部 スマイルワンホーム
  • 和泉市を中心に定期的なイベントを開催中
  • 小林新建が和泉市などで行った施工事例
  • 住まいのお役立ち情報
  • お取扱い商品
  • 小林新建からの最近のチラシ
  • リフォーム工事の流れ
  • 工事費の目安
  • 協力業者紹介
  • よくある質問
  • 小林新建スタッフブログ
  • 大家さん向け
MOBILE SITE 携帯サイト