HOMEスタッフブログ旧スタッフブログ > リフォームのためのチェックポイント(戸建編)
スタッフブログ

リフォームのためのチェックポイント(戸建編)

こんにちは~(*^_^*)

 

前回は、マンションについてお伝え致しましたので

今回は、戸建編のチェックポイントをお伝えしようと思います!!!

 

 

◆リフォームしやすい工法かチェック

 それぞれに特色があり、どの工法がいいかは一概には言えませんが、

 柱と梁、筋交いで支える在来木造住宅は間取りの変更が比較的しやすいと言えます。

 また、性能を向上させるリフォームも可能ですが、建物の状態や工法によって費用が大きく異なります。

 

◆耐震性能をチェック

 中古物件で気を付けたいのは、耐震性能です。

 1981年に「新耐震設計法」が施行され、筋交いや面材による耐力壁を設けることが

 義務づけられました。これ以前に建てられた約1000万戸の住宅は、耐振性が不十分であると

 推計され、さらに1981年以降の住宅も約6割に耐振性の問題があるとされています。

 このことから「いつ建てられた住宅であるか」が耐振性を判断する一つの目安になります。

 

◆違法建築物ではないかをチェック

 築年数のたている中古住宅は、詳しい図面が残っていないことが多く

 充分な情報が得られない場合があります。不動産会社に確認いs、できるだけ情報を

 得るようにしましょう。また、万が一違法建築物であった場合は

 リフォーム工事ができないことがあります。

 また最近よく言われる「既存不適格建築物」とは、当時の法律では適正であっても

 現行の建築基準法では不適切であるということです。

 

◆耐火性・断熱性・機密性をチェック

 床下の通気が確保されていない場合、土台や床材の普及や白蟻被害につながります。

 基礎の換気口の有無や位置、床下点検口から床下の湿り具合などを確認しましょう。

 また、断熱性・機密性の高い住宅ほど冷暖房効率が下がり、冬暖かく、夏涼しく

 快適に過ごせるほか、省エネにもつながります。

 結露が発生しない住まいであることも重要です。

 窓ガラス、外壁や床、天井の断熱仕様を確認しましょう。

 

 

お問い合わせはこちら
アピールポイント
お仕事の流れ
一覧に戻る
テーマ
旧スタッフブログ(167)
社長ブログ(30)
スタッフブログ(70)
最近の記事
リフォーム豆知識
秋を漂う季節!
新学期
夏期休暇のお知らせ
台風第5号NORU(ノルー)
和泉市に世界チャンピオン誕生!!
107年ぶりの大雨!
すごいです!
きましたね~梅雨!!
キッチン豆知識!!
一覧を見る
  • 和泉市でリフォームをお考えの方はお問い合わせください
  • リフォームの無料お見積もりはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 新築事業部 スマイルワンホーム
  • 和泉市を中心に定期的なイベントを開催中
  • 小林新建が和泉市などで行った施工事例
  • 住まいのお役立ち情報
  • お取扱い商品
  • 小林新建からの最近のチラシ
  • リフォーム工事の流れ
  • 工事費の目安
  • 協力業者紹介
  • よくある質問
  • 小林新建スタッフブログ
  • 大家さん向け
MOBILE SITE 携帯サイト