HOMEスタッフブログ旧スタッフブログ > 住いのお手入れテクニック~和室編~
スタッフブログ

住いのお手入れテクニック~和室編~

こんにちは!(^^)!

 

梅雨入りしてから、ずっと晴れ間が続いていたのに、雨が降るようになってきましたね(-.-)

じめじめしていて、なんともいえない空気ですよね!

 

今回は、和室のお手入れテクニックをご紹介します!(^^)!

 

◆たたみのお手入れはからぶきと酢水ですっきり

 →普段は、たたみの目に沿って掃除機をかけ、乾拭きするのが基本です。ただし、乾拭きだけで

   すっきりしないときは、洗濯機の脱水にかけた水分の少ない雑巾で拭くのがおすすめ。

   また、酢水にぞうきんをひたし、固く絞ってふくのもいいでしょう。お酢には殺菌作用があり

   黄ばんみをとる効果もあります。シミをつけてしまったときは布で抑えるか

   たたくようにして汚れを取り除きます。

   必ず水拭きと乾拭きで洗剤を残さないようにしましょう。

 

◆障子の張り替えは天気の悪い日に 

 →天気の悪い日は紙が適度に湿っているので、やわらかくなり、のりの乾きも遅いので

   綺麗に仕上がります。まず、障子紙を破る前に霧吹きで全体を濡らし、しばらくしてからはがします。

   障子を上手にはるコツは、一枚ものの大きな紙を使うことです。

   はりかえた後に、全体に霧吹きで水をさっと吹いておくと、乾燥したときに障子がピンと張って

   綺麗に仕上がります。きりを拭きすぎたり、ドライヤーなどで急に乾燥させると

   障子が反ることがあるので注意しましょう。

 

◆日焼けした障子紙は、漂白剤で真っ白に

 →障子紙の黄ばみや日焼けが気になるときは、コップ1杯の水に洗濯のり小さじ1杯と 

   漂白剤小さじ2杯を入れて混ぜ、霧吹きで障子に吹き付ければ、元の白い状態に戻ります。

   あくまで、応急手当として、次に黄ばんできたときには張り替えるようにしましょう。

 

◆ふすまの引手まわりは、あらかじめ汚れ防止

 →ふすまの引手まわりは、手垢などで汚れやすく、素材が紙なので掃除しにくい部分。

   あらかじめ、撥水スプレーをしておくと、汚れ防止に効果的です。

   ほこりを落としてから、引手まわりと中心に吹き付けます。吹き付けすぎるとしみになる恐れが

   あるので、使用料は控えめに。

   部分的な汚れは、けしゴミで軽くこすって落とします。また、ふすまの引手や枠が汚れてきたときは

   紙の部分を汚さないように注意して、住まいの洗剤で拭いてからその後水拭きします。

 

◆床の間はやわらかい布でこまめにから拭き

 →床の間や床柱は、水拭きすると光沢がなくなるので、乾いたやわらかい布で、

   こまめに、磨くようにしましょう。また、床の間に陶器などを置き場合は下に、布をひいて

   傷がつかないように気をつけます。

   花瓶は水滴をしっかり取って、床の間に水分がつかないようにしましょう。

 

◆白木部分は専用のクリーナーとワックスで

 →長押や柱部分は白木なので、水分を避けるためふだんは、から拭きで

   目立つときは専用に白木用クリーナーでお手入れしてください。

   また、白木部分は、あらかじめ専用のワックスを塗っておけば、磨くことによって

   光沢がでてきます。ほこりが付着するのも防ぐことができます。

 

以上、和室編でした~!(^^)!

いかがでしたでしょうか?

 

ちなみに、次回予告は、テクニック~ダイニング編~をお伝えする予定でございます(*^_^*)

 

お問い合わせはこちら
アピールポイント
お仕事の流れ
一覧に戻る
テーマ
旧スタッフブログ(167)
社長ブログ(30)
スタッフブログ(64)
最近の記事
107年ぶりの大雨!
すごいです!
きましたね~梅雨!!
キッチン豆知識!!
リフォーム博開催!!
京都の桜
お散歩
スーパーフライデー
ひな祭り
東大寺二月堂お水取り
一覧を見る
  • 和泉市でリフォームをお考えの方はお問い合わせください
  • リフォームの無料お見積もりはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 新築事業部 スマイルワンホーム
  • 和泉市を中心に定期的なイベントを開催中
  • 小林新建が和泉市などで行った施工事例
  • 住まいのお役立ち情報
  • お取扱い商品
  • 小林新建からの最近のチラシ
  • リフォーム工事の流れ
  • 工事費の目安
  • 協力業者紹介
  • よくある質問
  • 小林新建スタッフブログ
  • 大家さん向け
MOBILE SITE 携帯サイト